新潟風物詩

岡本屋さんの笹団子

先日いただいた笹団子。 笹団子は吊るした姿が一番素敵だなぁと思います。 なので暫くこうして飾っておきたくなります。

【八色西瓜(やいろすいか)】南魚沼を代表する果物

両手で抱えるのがやっと! 南魚沼に暮らす知人が見事な八色西瓜(やいろすいか)を遥々持ってきてくれました。

田園

田植え後の田んぼは水鏡。 新潟のだれもが大切にしたいと思う自慢の景色の一つですよね。

笹団子とひつじの焼き菓子

こどもの日に食べた柏餅と笹団子。 葉っぱに包まれたどうし、よく似合う。

冬至かぼちゃのポタージュ

冬至ということで、 かぼちゃのポタージュとクルミのカンパーニュ。 あったまります♪

霙雪

雨が水っぽい雪に変わりました。 いよいよだね。いよいよですね。 観念の中にも小さな待ってました感が感じられる、そんな会話の週の始まり。

干し大根のカーテン

直売所のエントランス脇に圧巻の光景! 見入ってしまう素敵なカーテンです。

新潟の白い食用菊

白い食用菊 生まれて初めて見た白い食用菊。 食べていいの?という穢れのない美しさ。

【新潟のさわし柿】渋抜き剤ネオヘースタンの使い方

到来物の美味しそう!な渋柿。 叔母の近所の方がくださったそうで、半分届けてくれました。 半分といっても10キロあります。

体菜の塩漬け

毎年恒例の母の体菜の塩漬け作業。 気がつけば早11月。

実りの秋と新米コシヒカリ

実りの秋の到来物 畑をしているおじさんからいただいた南瓜。 食べるには惜しいくらい絵になる器量好し。

うちのおはぎ

秋の彼岸、おはぎを作りました。 いや、厳密には母の手伝いをしました。

盆花市と新潟の盆花のススキ

朝の盆花市 今年は盆花市で盆花を買ってきました。 朝早い時間なのに結構な人でびっくり。

田植え前の夕暮れの水鏡

夕暮れの田んぼ 田植え前の田んぼに名残の青空と夕陽。 小さな波立つ水鏡がとても美しくて清らか。

うちののっぺの材料

新潟のお正月に欠かせないのっぺ。 里芋(土垂れ)を中心ににんじん、油あげ、椎茸、ちくわ、 蒲鉾、こんにゃく、銀杏が入ります。

体菜と塩漬け

みずみずしい体菜(たいな)。 一見すると大きな青梗菜といった感じでしょうか。

秋を告げる食用菊かきのもと

かきのもとが咲き始めていました。 見目麗しく心も和ませてくれますが、新潟を代表する秋の食材です。

【一寸法師(枝豆)】期間限定のおいしさ

叔父の畑から届いた一寸法師という名の枝豆。 こんなに色鮮やかに茹で上がりました!

いよいよ稲刈り

黄金色に広がるたんぼ。 ずっと眺めていたくなりますが、叔父のたんぼも今日から稲刈りだそう。

お盆のえご(いご)作り

天草と同じ仲間のえご草。 これを煮溶かして寒天のようにかためると「えご」になります。

【朝採り枝豆】超特急でおいしく茹でる

朝採りえだまめ。 新鮮すぎて もぎ取るのが痛いほど!

稲穂と枝豆の成長の様子

稲穂が顔を出し始めました。 たんぼは日々季節をおしえてくれます。

新潟の夏は枝豆なしでは語れない

帰宅すると、盆ざるの上で扇風機を当てられている茹でたての枝豆。 あぁ、新潟の夏だなぁ〜と感じる瞬間です! niigatalife.hatenablog.com

笹寿司の季節

毎年、三条祭りの頃に作る「笹寿司」。 申しあわせたかのように笹が大きくなると、桜鱒の時期がやってきます。

お彼岸といえば、おばのおはぎ

お彼岸といえば、おばのおはぎ。 ぽってり炊かれた小豆あんがたっぷり!おいしい!そして大きい!

積雪と除雪

除雪された道路の雪のかたまり、向こうの景色が覗けた。 見通しが良い。縁起が良い。

「瑞花」の意味と「越後菓子処 瑞花」

今朝起きたら窓の外が薄っすら白くなっていました。 南天の葉に降り積もった雪はまるで水菓子のような瑞々しさです。

【洋梨 ルレクチェ】新潟の期間限定とろける冬の果実

今や新潟を代表するの冬季限定フルーツ、洋梨ルレクチェ。 以前に比べて豊富に並んでいるものの、やはり高貴な雰囲気があります。

新巻鮭と角上魚類

父がゴルフでもらってきた新巻鮭。 このまま仕舞うわけにはいかず、深夜必死にさばくというか奮闘。

新潟の食用菊「かきのもと」の季節

今にも咲きほころびそうな食用菊かきのもと。 この桃色帯びた紫色もまた新潟の秋の色のひとつです。