【雪下にんじんと人参ジュース】まるでフルーツ甘みたっぷり

f:id:shirokiji:20170419101106j:plain

世の中が桜の季節になる頃、まだまだ雪深い地域では雪国。当然のことながら田畑も雪の下なのですが、それでも収穫最盛期の作物があります。それは雪下にんじん

今はまさに雪下にんじんの季節で、見かけるたびに引き寄せられ買い込む日々です。そんなことを友人に話すと、こないだは3袋買って毎日にんじんライフをたのしんでいるといい、雪下にんじん話で盛り上がりました。

雪下にんじんとは

新潟県津南町をはじめ、山間部の多雪地域で生産される甘く美味しい雪下にんじん。雪下にんじんは、立派に育っても収穫をせずに、そのまま雪の下で越冬させます。そして、雪が解ける前3月末から4月に雪の下から掘り起こされるのです。てっきり、わたしは雪がなくなってオレンジ色の姿が現れた頃に収穫をするものだとばかり思っていましたが、そうではなく雪の下から収穫されるのですね。というのも雪から顔を出してしまうとにんじんの新芽が出てしまうのです。なので、雪下にんじんは雪解け前までのわずかな期間限定のにんじんなのです。ご存知でしたか?

「雪下にんじん」という名が通っていますが、「雪の下にんじん」「雪味にんじん」「雪割にんじん」という名前のものもあります。

雪下にんじんのおいしさの秘密

雪の下というのは、温度も一定(0度)に保たれ、十分な水分があり潤っています。雪下にんじんは、そんな環境でゆっくりと過ごすうちに、みずみずしくシャキシャキ!となり、にんじん特有の青臭さが抜けて香りもよく、まるでフルーツのように甘く美味しくなるのです。つまり、雪の下にんじんは、雪国ならではの逸品なのです。

 雪下にんじんはおいしいうちにジュースに

雪下にんじんは旬がとても短いので、みずみずしく栄養たっぷりなうちにジュースにもされています。フルーツのように甘い健康なにんじんのジュース、美味しくないはずはないですよね。いざ、買ってみようと通販を見てみると、幾つものメーカーが紹介されていて迷います。選ぶときのポイントは、原材料をしっかり確認をして添加物のないものを。もしも飲みにくかったら、りんごジュースで割るなどできますから。理想をいうなら、ジューススタンドのジュースみたいに目の前で作ってくれるような、そんな正直なジュースがおすすめです。

 かつて満島ひかりさんが差し入れに使われたことでも話題になったのは、津南町にあるいち粒(いちりゅう)という会社のジュースでした。こちらのにんじんジュースは、良質なのはもちろんのこと、ほぼ人参だけの濃厚タイプ「人参ジュース98%」と、ふじりんごを加えて飲みや水タイプ「人参ミックスジュース」の2タイプ。

 「人参ジュース98%」、その名の通り原料の98%がにんじんの濃厚なジュースで、そのまま飲む他にも牛乳や豆乳で割ってスープなど料理にもできるジュース。これを使ったにんじんパスタもお気に入りです。

 「人参ミックスジュース」こちらのロングセラー品で搾りたてのおいしさ。 

 

 

niigatalife.hatenablog.com