新潟生活

   

【新潟の車麩】戻し方のポイント選び方

f:id:shirokiji:20170418091440j:plain

新潟県三条市の特産品のひとつ車麩。使い方を中心に紹介したいと思います。

三条市の車麩と2軒の老舗メーカー】

新潟県三条市には、マルヨネ川瀬製麩店、2軒の老舗の車麩メーカーがあります。

  • マルヨネは、車麩トップメーカーで良質な車麩を家庭用から業務用まで製造
  • 川瀬製麩店は、家族経営で定番の車麩の他、全粒粉の車麩なども製造

どちらも手巻き仕上げの伝統製法で作られている職人気質の誠実堅実な専門店です。

三条の車麩はしっかり焼き締められているので、長時間煮ても煮崩れることはなく、煮れば煮るほど味がしみてふっくらもっちりおいしくなるのが特徴です。

 

【そもそも車麩って何?】

車麩の原材料は「小麦粉」グルテン。これを練り合わせ生地が作られます。この生地を細長い金属棒に巻き、オーブンで回転させながら焼成

これを3~4回繰り返すと、バウムクーヘンのような長い車麩が完成。薄くスライスしたら、あの見慣れた車麩というわけです。

ザクッと言うと、車麩はイーストを使わないバケットみたい

なので、フライにしても、パン粉にしてもなんら不思議なことではないのです。

 

【地元での車麩の食べ方】

この車麩、地元ではどんな風に料理されているのかというと、ほぼ煮物です。

野菜と一緒に炊き合わせにしたり、車麩だけ煮て中央部分に卵を落とす人もいたり。

車麩の煮物は、地元のスーパーやお惣菜屋さんでも並んでいることがよくあります。

その中に端麩(車麩の端っこの部分)の揚げ煮というのもあって、もっちりとした食感とコクのあるおいしさで根強い人気がある一品です。

最近はフライやラスクのようなお菓子も見かけますが、家庭ではやはり煮物ですね。

 

 【車麩の使い方】

車麩は、やわらかく食べたい時は必ずやわらかく戻してから使います。

ただし、パン粉のように使うときは戻さずそのまま砕いたり、おろしたりします。

  • 煮物やカツにするとき・・・やわらかくしてから使う
  • パン粉やかりんとうにするとき・・・かたいまま使う

 

【車麩の戻し方 】

 

車麩は、巻きが多く大きく厚いほど戻す時間が必要。

戻す水は、冷たいほど戻るまでの時間がかかります。

 なのでー、

すぐに使いたいとき(早いと10分ほどで戻ります)

  1. 車麩をボウルに入れて60~80℃の湯をたっぷり注ぎ、浮かないように皿を置く
  2. 焼き色のついた部分(特に中心)を指で押してみてやわらかくなったら完了

ゆっくりでいいとき(翌日もしくは帰宅後に使いたいとき)

  1. 上記の手順の「湯」→「水」にし、室内(夏は冷蔵庫内)においておく(この場合はタッパーやジッパー付きの袋などが場所をとらなくて便利)

 という風にTPOに合わせて使い分けています。

ちなみに1/4カットの車麩は、戻りが早いのですぐに調理に取りかかれて便利です。

 

 

最後にわたしが愛用している車麩はこちら↓です。Amazonからご参考まで!

 

◇何にでも使える定番の もっちり車麩マルヨネ車麩 上白 15枚入

 

◇すぐ戻る手軽に使える 1/4カットの車麩マルヨネカット麩(100g)

 

◇ヘルシーな健康志向の 全粒粉の車麩国内産全粒粉使用 車麩