新潟生活

Since 2008

【クッキングアップル「ブラムリー」】イギリス生まれの料理用りんご

f:id:shirokiji:20181016162919j:plain

信州で買ってきたクッキングアップル「ブラムリー」

鮮やかなアップルグリーンで、飾っておきたくなるかわいさです。

ところが、かじってみるとサクッとした歯ごたえの後に強い酸味

 

日本で酸味のあるりんごといえば、紅玉りんごですよね。

紅玉は酸味があって、お菓子やジャムの素材としても重宝されていますが、一方で甘みもあるので生のままでもおいしくデザートりんごにもなります。

 

ところが、

このブラムリーは、酸味と同時に感じるのは甘みではなく渋み!なのでデザートりんごにはなりません。

 

ところがところが、

煮たりして熱が加わると、その渋みが飛び良い香りが広がって、みるみるうちに自然に果肉が煮溶けていくという特徴があります。

 

こちらがブラムリーの断面。

色白な切り口からはじわりと水分が滲みでてきます。

f:id:shirokiji:20181017081851j:plain

 

自然に煮溶けていくというブラムリーは、たとえば電子レンジでも簡単に香り高いジャムが作れるそうです。

ただ電子レンジジャムというのはやっぱり日持ちもしないので、近々普通に鍋でジャムを煮たいと思っています。

 

 

 

niigatalife.hatenablog.com