新潟生活

パン焼きとキジと新潟暮らし

【お菓子や料理に使うハーブ】植えておきたいおすすめのハーブ苗

昨年2021年に選んだハーブ

ハーブには宿根草(植えたら数年育つもの)と一年草(寿命が1年のもの)があります。

なので毎年時期になると、新しい一年草の品種の苗を植えると同時に芳しく無くなってきた宿根草の品種を新しい苗に植え替えをします。

 

年々、作る料理や生活スタイルも変化しているので、それに合わせて植えるハーブもちょっとずつ変わり、同じハーブでも種類や品種がそれぞれに沢山あるので、アドバイス頂きながら新しいもの楽しんでみたりもします。

一方で、定番として植えておきたいものもあります。

それはパセリ、ミント、タイムです。

 

パセリは、もこもこした縮葉種イタリアンパセリのように平たい平葉種を1種づつ。香りが強い縮葉種は刻んでアクセントにいいし、苦味が少な平葉種はサラダやサンドイッチに。

ミントは種類が大変多いハーブですよね。私はデザートの飾りに使うことが多いので、佇まいの可愛らしさ優先で選んでいます。宿根草で強健なミントは地植えにすると雑草のごとく繁茂しますが、すぐに交配してしまうので数年に一度植え替えをしています。

タイムもまたミント同様に種類が多いハーブ。大きく分けて立性ほふく性の2種ありますが、料理やお菓子に使うなら立性。あればやっぱりフレンチタイムがいいです。なければコモンタイムでも。

 

あとは、その年々によってディルバジルマジョラムセージなどを植えて楽しみます。

ディルは、サーモン料理やピクルスに欠かせない大好きなハーブの一つです。ディルと似たものでフェンネルがあり、こちらは宿根草でいいのですが、私は断然ディルが好みなのでフェンネルは植えたことはありません。

バジルは、ホーリーバジルを好んだこともありましたが、今はブッシュバジルという葉が柔らかく小さな品種が気に入っています。見た目にとても可愛らしいのでトッピングにすると本当に可愛らしいバジルです。

ハーブティがお好きな方にはレモンバームレモンバーベナもいいですね。

 

ちなみに定番のローズマリーは植えっぱなしになっています。この頃の私には香りが強く思えるのですがオードヴルなどの添え物にはやっぱり重宝するハーブです。

 

さて、今年はどんなハーブを植えようかな。

毎年出遅れがちなので今年は今月行く予定にしています。