新潟生活

大阪生まれ 名古屋育ち 東京暮らしを経て 料理をしながら新潟で生活しています

パプリカの焼きマリネ

f:id:shirokiji:20200429115926j:plain

パプリカの焼きマリネ

 

 オーブンでカンパーニュを焼くとき、別の段でパプリカも一緒にロースト。

黒くこんがり焼いた後、パプリカの焼きマリネを作りました。

家族みんなが大好きな焼きマリネは、パンの付け合わせやサラダに和えたりカナッペにしたり…常備菜なのにあっという間になくなります。

 

ポイントはパプリカの中の果汁を捨てないこと

薄皮をむいてからヘタの部分を取り除くと、中から果汁が出てきますが、この果汁が美味しいのでこぼさないようにとっておきます。

そしてその中に好みの細さに切ったパプリカをいれていきます。

f:id:shirokiji:20200429173810j:plain

 

ざっくりですが、パプリカの焼きマリネの作り方です。

オイルにマリネされていれば冷蔵庫で3日ほど保存できます。

おいしいですよ!

 

  1. パプリカは洗って水分を拭き取り、天板に並べて200~220℃くらいのオーブンで30分ほど表面が黒く焦げるまで焼く(時々ころがす)。※グリルや焼き網で直火焼きにしてもOK
  2. 黒く焼けた薄皮をむいてヘタと種を取り除く。パプリカの果汁は捨てずにボウルにとっておく。
  3. パプリカを好みの細さに切り、パプリカの果汁の入ったボウルに入れる。
  4. オリーブオイルを回しかけ、塩、胡椒をする。
  5. 好みで酢やワインビネガー少々を加えたり、好みの味に仕上げる。