新潟生活

Since 2008

【あさつきの球根】新潟では球根を食べます

f:id:shirokiji:20170313071803j:plain

冷奴などの上に散った小口切りのネギが上品だなぁと感じたら、それはネギでなくあさつきかもしれません。

 

しなやかに細く色鮮やかなあさつき。

あさつきにはネギに比べて上品な印象があって、個人的には「普段の万能ねぎ、おもてなしのあさつき」そんなイメージがあります。

あさつきは漢字だと浅葱と表記されるように、浅い綺麗な緑色をした幼い細ねぎのことで、香りも含めて料理に彩りを添えてくれますよね。

 

ところが、新潟では畑のあさつきがそんな浅葱色になっても収穫もせずそのまま放置してあります。ではいつ収穫するのかというと、浅葱色もすっかり色あせた枯れた頃なのです!

そんな枯れたものどうするんだ⁈ですよね?

実は葉が枯れた頃のアサツキというのは、土の下にある球根(鱗茎)が大きく育っているのです。

 

そう、

新潟ではアサツキは球根(鱗茎)を食べる

のです!

※当然ですが葉は食べません。

 

ちょうど沖縄の島らっきょうみたいなもので、お酒の肴や麺類の箸休めのようなイメージでしょうか。

魚沼辺りの蕎麦屋さんでは薬味として(ふっくらした球根部だけが)添えられてくることもあるんですよ。

食べ方は、

葉の部分を10㎝くらい残して切り落とし、根の部分も剥きとるように取り除いて、あとは味噌と一緒に皿にのせて完成!

 

もし赤紫色っぽい薄皮がついていたらその部分をむいて、味噌をつけてかじります。

蕎麦屋さんで添えられてくると書きましたが、それもやはりそれのみをかじって楽しみむもので、めんつゆに入れたりはしません。

 

f:id:shirokiji:20170312084237j:plainf:id:shirokiji:20170312084232j:plain

          畑のアサツキとふっくら育ったアサツキ

 

我が家にも畑で収穫したあさつきが軒先に吊るして保存してあります。

味噌をつけて酒肴としていただくこともありますが、エシャロットのような感覚でサラダに和えたり、ミートソースにも入れるのも定番になっています。