新潟生活

Since 2008

月と読書

f:id:shirokiji:20190816071946j:plain

昨夜、なんだか明るいと思ったらとても美しい月が出ていました。

月明かりで読書ができるかも?と思うくらいの吸い込まれそうな月でした。

 

本当にそれほどの明るさだったので 実際にスタンドを消してみたものの、

やっぱり月明かりでの読書は難しくひとり苦笑してしまいました。

 

ちなみに昨夜の一冊は、養老孟司さんの「猫も老人も、役立たずでけっこう」。

養老孟司さんの愛猫まるの写真とエピソードに和まされ解れるのです。

 

この暑さの底がさっぱり見えず果てしなくギンギラの盛夏が続きそうですが、

一夜、また一夜と月を愛でているうちに読書の秋がやってくるのでしょうね。