新潟生活

NIIGATA-LIFE Since 2008

【大安のすぐき漬け】春の七草のアクセント

f:id:shirokiji:20190107124355j:plain

大好きな 京つけもの大安のすぐき漬け。

この酸味が食を進ませてくれて、免疫力をアップさせてくれます。

 

関西生まれのわたしにとって、京都の漬物も懐かしい味のひとつです。

京都は新潟に暮らすようになってからは身近な場所ではなくなりましたが、

かつてはどこに暮らしていても度々足を運んでいました。

 

京都へ行くとまずかならず京大前の老舗ベーカリーカフェにむかい、

カフェとプティ・デジュネをいただきながらその日のプランを立てる。

これが定番であり至福のひとときだったものです。

店内には大きなテーブル、BGMもなく、各々新聞を広げたり、読書したり。

ところが、そんな雰囲気も少しずつ薄れていって、

メニューもカフェはコーヒー、プティ・デジュネもモーニングになったとか。

京都もお店が増えていろいろ変化したのでしょうね。

 

そんな変化激しい中、大安(だいやす)の漬物は変わらぬまま健在!

こんな伝統製法で漬けられたすぐきには、免疫力を向上させる働きをもつ

植物性乳酸菌「ラブレ菌」が含まれているのでしたよね。

 

うちあたりでは正月七日は昔から七草粥ならぬ七草雑煮が定番。

今夜は七草雑煮に刻んだすぐきを添えて無病息災を願います。

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すぐき
価格:864円(税込、送料別) (2019/1/7時点)

楽天で購入