新潟生活

NIIGATA-LIFE Since 2008

〆張鶴の酒粕の酒粕焼

f:id:shirokiji:20181230190846j:plain

昨年末に村上市の方から届いた〆張鶴酒粕

さっそく大好きな酒粕焼きにしていただいています。んん〜幸せ。。

 

酒どころ新潟。

寒くなってくると、のスーパーには出来立て新鮮な酒粕が豊富に並びます。

酒粕にはペースト状の練り粕、板状の板粕、板粕をほぐしたばら粕など、

色々なタイプがありますが、群を抜いて好きなのが昔ながらの板粕!

なぜなら板粕で作る「酒粕焼き」が好きで好きで、、大好きだからです。

最初食べた時はそうでもなかったものが、食べなれて、おいしくなって、

今では手が止まらなくなるほどすっかり大好物になっています。

 

酒粕焼きといっても、ただ焼くだけなので粕汁よりずっと手軽なので、

板粕さえあればいつでも誰でも作れます(ただ焼くだけですから)。

ただ、個人的にはフィンガーフード的に食べたいので一口サイズに切って、

グリルなどでこんがりと焦げ目がつくまでこんがりと焼き上げて、

上から砂糖(洗双糖や粗糖など)少々を振って食べるのが最高に好きです。

 

ただ、酒粕と言っても結構なアルコールが含まれているのですよね。

(定かではないですが、ビールほどのアルコール度数があるとか)

いつだったか醸造試験場にお邪魔をさせていただいた時に聞いたのですが、

酒粕のアルコール分は煮ても焼いてもゼロにはならないとのこと。

ついついお酒の感覚を忘れてしまいそうになりますが、大変なNGです。

なので、この酒粕焼についても“焼いたら乗るな”のおつまみです。

 

あぁ、それにしても〆張鶴酒粕はまた一層おいしい。。