新潟生活

NIIGATA-LIFE Since 2008

小さな陶器のお重

f:id:shirokiji:20181230163059j:plain

思い出の詰まった陶器製のちいさな二段重。

松の柄入りの色絵丸紋、手にすると福々しく懐かしいキモチになります。

 

昨年まではテーブルの中心は塗りの大きめの二段重が定番でした。

そしてこの陶器はボンボニエールのように口取りを入れる程度でしたが、

今年のお正月料理はこれで十分な程度にしようと決めました。

親戚家族というのはそれぞれが自然と少しづつ変化していくものだから、

行事が心地よくあるように単なる義務みたいなものにならないように、

それに合わせて料理も変えていきます。