新潟生活

NIIGATA-LIFE Since 2008

【深煎りきな粉のわらび餅】好きなわらび餅の話

f:id:shirokiji:20180412172050j:plain
箱を開けて現れたのは、深煎りのきな粉を被った丸々としたわらび餅

燕市に暮らす叔母が「ぜひ食べてみて 」と持ってきてくれたわらび餅。

地元の和菓子屋さんの看板商品だそうです

 

今、一番好きな和菓子を聞かれると、「わらび餅」と答えたい。

それくらいわらび餅好き。

わらび餅といっても、わらび粉を使ったわらび餅というのは極稀で、

さらに、材料だけでなく作り方、大きさやかたち、仕上げも様々で、

それを全部一括りにされてしまうと悩ましいところですが…。

 

 

わらび餅で必ず思い出すのが、名古屋の「わらび餅の移動販売」

秋の石焼き芋みたいな感じで、夏にわらび餅の販売車がくるのです。

こんな話をすると、ここ新潟だけでなく東京でも驚かれますが、

これは名古屋限定の風物詩だったのかな?

移動販売のわらび餅は、無色透明に近い小粒な白玉のようなもので、

たこ焼きを入れるような器や最中の皮のようなものに盛ってくれて、

上からたっぷりきな粉をかけてくれるというものでした(たぶん)。

冷たい水にさらされたわらび餅に目の前でかけてくれるきな粉、

本物のわらび粉は微塵も入っていないようなわらび餅でしたが、

また違ったおいしい記憶として残っています。

 

上の写真の丸々としたわらび餅は、

たっぷりとこしあんが包まれていて“薄皮わらび餅”という感じで、

深煎りなのか香ばしいきな粉が大人っぽい素敵な和菓子でした。

 

ちなみにわたしの理想のわらび餅は、

 丸く作られたものではなくランダムに大雑把にカットされていて、

 やわらかいのだけど、切り口の角がそれなりに正しくあって、

 たっぷりの無糖のきな粉がまぶされているもの。

こんなわらび餅は、京都や鎌倉などでよく見かけたせいなのか、

ふと寺院巡りがしたくなりました。