【食用菊かきのもとの下処理】花びらを外すポイント

叔父から帰りに寄るように言われて訪ねると、カゴいっぱいの食用菊かきのもと

f:id:shirokiji:20171110121929j:plain

食べてしまうなんて、「もってのほか」と、自然に頭に浮かぶほどのうつくしさ。

山形県特産の食用菊もってのほか。なんとも上手いこと名付けたものだなぁ。

 

 

食用菊は、花びらを外して茹でるのですが、そのときのポイントが幾つかあります。

菊の中には花の奥に土や虫が入っていることがあります。なので、まずは大きなボウルに水をたっぷり張り、そのなかで上からやさしく押すようにしてゆすぎ洗いします。

ゆすぎ終わったらザルにあげ、できるなら自然に程よく水がきれるまで置いておくと花びらを外す作業がしやすくなります。

程よく水がきれたら、花の中心部分を親指と人差し指で上下から挟むように持ち、ぐるっと周囲の花びらを外して行きます。ただし、花の中心部分は苦味が強いことがあるので、中心部分は少し残すようにするのがポイントです。

 

 

niigatalife.hatenablog.com