おいしい時間、を皆がたのしめる器

f:id:shirokiji:20170917190153j:plain

あるイベントを通じて「てまるプロジェクト」の代表の大沢さんと出会いました。

てまるは、すべての人においしい食事の時間をと考えられた食器のブランドで、

てまるシリーズには磁器、木の器、スプーンなどがあります。

 

てまるプロジェクトの代表であり、作り手の一人である陶芸家の大沢さんは、

シリーズの磁器を作られていて、イベントでは大沢さんのカレー皿でカレーを実食。

最後のひとさじ、ひと粒まですっきり食べられる使いやすさにびっくり!

f:id:shirokiji:20170917190231j:plain

器の内側に返しがあることで、食材をスプーンできれいにすくうことができます。

器に施されている幾つもの工夫というのは、実際に手にしてみると一瞬でわかるのですね。

 

単に使いやすい器ではなくて、器本来の美しさの中に使いやすさの施された器

アシストが必要なひと限定ではなくて、皆がおいしい時間、をたのしめる器

なんて素敵な器でしょう。

 

大沢さんのこと、器のこと、詳しくはこちらに紹介されています。ご参考まで。

tekuri.net

 

食事中に大沢さんと会話をしていて、器のことをいろいろお聞きしたのですが、

なんと大沢さんはネコのための(介護)食器も作っていらっしゃるのだとか!

それがまた素敵で、素敵で、、、

ネコを飼っているわけでもないのに欲しくなってしまいました。

 

まんまボウル