紫水、丸なす、、なす王国 新潟

ドイツの人は「この料理にはこの品種、あのサラダにはあの品種」という風に、

料理によってじゃがいもの品種を使い分けていると聞きました。

そこまでではないものの、新潟の人にも種類によって使い分ける野菜があります。

それは、なすです。

f:id:shirokiji:20170824173558j:plain

新潟の人は本当にたくさんのなすをたべるのですが、その種類もまた豊富なのです。

そして、そんな多種のなすを「漬物にはこの品種、焼くのはあの品種」という風に、

自然に使い分けて使いこなしているのですよね。

 写真左は十全茄子と水茄子を親に持つ「紫水」という柔らかく甘みのあるなす。

これは浅漬けにして食べます。

写真右は「越の丸」というブランドなすで有名な煮崩れしにくい「丸なす」

こちらは煮たり、田楽や揚げ出しに。

 

 

これから秋に向かい益々おいしくなる なす

今夜は田楽にしようと思います。