夏にぴったり!カリフラワーと玉ねぎのピクルス

f:id:shirokiji:20170711074114j:plain

スーパーの地元野菜売場で、キャベツを隠す程の特大カリフラワーを購入。自宅に帰ってからよく見ると、ほんのりオレンジ色のカリフラワーのようでした。カリフラワーはブロッコリーに比べて、圧倒的に売り場に並ぶ数が少ないです。それだけ需要がないということで、だからゆえに価格も高めなのでしょうね。

わたしはブロッコリーと同じくらいカリフラワーも好きで、割とよく買う野菜です。カリフラワーというと、クリームシチューやグラタン、そんなイメージでしょうか?これらも作ったりしますが、夏にはやっぱり作ることはありません。今の季節にぴったりなのは、カリフラワーと玉ねぎのピクルス!うだるような暑さで食欲も落ちそうな時、暑さに疲れた時、よく冷えたピクルスがあると本当に救われるもの。ピクルスは日持ちがするので、たっぷり作ってストックしておいてます。

f:id:shirokiji:20170711085413j:plain

 

作り方は、まずカリフラワーを一口大の小房に分け、玉ねぎは薄切りに。ボウルなどの容器の中に酢と砂糖で好みの甘酢を作り、塩少々、鷹の爪、黒胡椒粒を軽くつぶして加え、そこに玉ねぎを加えてピクルス液の完成。カリフラワーを好みのかたさに茹で(茹で過ぎに注意)、ザルにあげて湯を切る。水けがなんとなくきれたら、まだ熱いうちにピクルス液に漬ける。冷めたらジップロックなどのジッパー付きの袋に移し、空気を抜くようにして冷蔵庫で保存する。