【大力納豆とあとひきまめ】八海山水系の水で作られる納豆

f:id:shirokiji:20170710071545j:plain

 納豆のおかげで大きくなったようなもの。いまもずっと変わらず納豆が大好きです。そのせいか、毎年「納豆の日(7月10日)」に敏感に反応してしまいます。

全国納豆協同組合連合会 納豆PRセンターを見ると、茨城県、北海道に続いて、新潟県の納豆製造会社も多く会員になっていることもわかります。新潟県内のスーパーの納豆コーナーにも大手有名納豆メーカーの納豆も多く並んでいますが、それに勝るとも劣らず、県内メーカーの商品も並んでいます。

その中でも堂々と迫力のパッケージの納豆が(株)大力納豆の看板商品の大力納豆。大力納豆は美味しいお米の産地である魚沼にある会社で、そんな恵まれた環境の中で本当に真摯に納豆作りに取り組まれています。事前に連絡をすれば、工場見学もさせてくださるはずです。納豆のあれこれをぎっしり教えてくれますし、きっと大力納豆のファンになるはずです。納豆好きの方はぜひ一度!

 

 

 

 大力納豆にはこんな迫力の納豆だけでなくこんなかわいいちびっこ納豆もあります。

f:id:shirokiji:20170710072436j:plain

 

 また、納豆ではありませんが大力納豆の隠れた人気商品がこちら「あとひきまめ」。きれいな枝豆色なので、枝豆と思われてしまいがちですが、実はこちらの原材料は枝豆ではなく青大豆(乾物)。それを塩ゆでにしてつくられたものなので味も濃く歯ごたえも心地よく残っていて、そして絶妙な塩加減!まさにあとをひく、あとひきまめです。そのままおつまみにサラダに入れても!

f:id:shirokiji:20170710092038j:plain