【新野屋の網代焼】明治生まれのえび粉入りの無添加米菓

f:id:shirokiji:20170514075911j:plain

そっと並んでいる明治生まれのロングラン商品、新野屋の網代。新野屋は1894(明治27)年創業の柏崎市を代表する米菓メーカーで、砂糖が貴重だった頃に「多くの人からおいしいと喜ばれ、求めやすく、日持ちするお菓子を」という思いを込めて作られたのが網代焼と聞きました。

網代焼は、ほんのり甘みある香ばしい醤油味、ふっくらサクッの小魚型の米菓です。新潟県民なら一度は見かけたことのある米菓だと思いますが、この材料にえび粉が使われているということはあまり知られていないかもしれません。そして、無添加な上に植物油脂も不使用。実は最近は、揚げせんべいでなくてもほとんどの米菓に植物油脂が使われていて、不使用のものを探すのが難しくなっているのです。そんな網代焼は素材勝負の安心安全貴重な米菓だと思うのです。

素朴な味というのは、素材に嘘がつけなくて。もしかしたら一番贅沢なものなのかも。小魚の一粒一粒が愛おしいおいしさです。

 

新野屋 米菓おまかせセット

新野屋 米菓おまかせセット