新潟のへぎ蕎麦と布海苔蕎麦

新潟は言わずと知れた米どころ。ですが、うれしいことに蕎麦どころでもあります。そんな新潟ならではの蕎麦といえば、へぎ蕎麦

f:id:shirokiji:20170512173326j:plain

 

へぎ蕎麦というのは、へぎという30×50cm程の木製の角盆の様な器に盛り付けられた蕎麦のことを言います。そう、へぎ蕎麦という種類の蕎麦があるのではなく、へぎに盛り付けられた蕎麦のことを言います。

そして、そのへぎに盛られる蕎麦はというと布海苔蕎麦(ふのりそば)です。

布海苔蕎麦というのは、つなぎに布海苔(ふのり)という海藻をつかった蕎麦のことを言います。少し緑帯びた色をしていて、コシが強く、ツルツルとした喉ごしの良さが自慢なので、へぎ蕎麦のように冷水でしっかりしめたものをいただくのが定番ですが、温かい蕎麦もあります。

 へぎにはいろいろなサイズがあるので1人前から注文できますが、3〜5人前をひとへぎで頼んで、数人で囲むと雰囲気があります。へぎ蕎麦は、ひと掴みずつまとめられ取りやすいように美しく波打つ様に並べられてもられてくるので、各自がスマートにすっと取れて大勢で囲んでもきれいに気持ち良くいただけます。

普通、へぎ蕎麦には何ものってきませんが、上の写真のように海苔がトッピングされたへぎ蕎麦「花へぎ」ともいいます)もあったりします。蕎麦というと静かにそれぞれがいただくイメージがありますが、へぎ蕎麦は大勢で囲みながらいただく場も心もなごむ蕎麦です。同じ釜の飯ならぬ、同じへぎの蕎麦というところでしょうか。

 

また、へぎに盛られた天ぷらというのもまた華やかで、薬味までこんなに美しく。春から新緑の頃は豊富な山菜、夏には鮮やかな夏野菜、秋冬には舞茸などのきのこ。

f:id:shirokiji:20170512173511j:plain

蕎麦というと新蕎麦の頃が季節を思うかもしれませんが、喉ごしのよい新潟の蕎麦は春も夏ももちろん、旬の天ぷらと一緒にどの季節も楽しめます。