【ふきの下処理方法】皮は茹でてからむく

f:id:shirokiji:20170502173941j:plain

朝の5時半過ぎ叔母から電話。要件は、田植えで畑を構っていられないから、伸びすぎている菜っ葉やらを適当になんとかしておいてほしいということ。100%自分ペースのひとです。というわけで畑へ。わさっと生い茂っていたふきもとってきました。

 

ふきは、まず洗って、葉の部分を切り落として、茎の部分を茹でる鍋に入る幅に切って、まな板の上で板摺りをして、5分くらいやわらかくなりすぎないように茹でて、冷水にとる。そしてようやく皮をむく作業になります。端っこの方から1本、1本、むいていくのですが、そのときに愛用しているのが、あのいちごのヘタ取り(尖った方)です。

 

niigatalife.hatenablog.com

 

これを使って、太い方の先部分の皮からまずは一周ぐるりと数cmむき、たこ足のようにむけた部分をまとめて掴んで、一気に下までむきます。そしてむけたものから水に放っておきます。このシューっとむくとき、結構な爽快感があって、確かにとっても手間なのですが嫌いにはなれない作業です。

うちのふきの定番料理といえば、ふきのおかか炒め。口幅に切ってごま油で炒めて最後に醤油をひと回し仕上げに鰹節を多めのひとつかみ加えて一混ぜしたら完成。あまり炒めすぎないのがコツです。おすすめは、下処理の終わったふきを漬けておくだけのピクルスや味噌漬け。またいつかレシピを書きたいと思います。