読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グルテンフリーで注目、小麦粉感覚で使える新潟の米粉

f:id:shirokiji:20170417115733j:plain

これは私が愛用している米粉です。昨日もこれでパンケーキを焼きましたが、この米粉は揚げ物、ホワイトソース、パンケーキ(ホットケーキ)など小麦粉と同じ感覚で使えるのでとても使いやすい米粉です。米粉は、最近話題のグルテンフリーの影響で注目度が高まってきていますよね。米どころ新潟に暮らすひとりとして、料理に携わるものとして、このまま波に乗って家庭にも馴染んで欲しいと願うところです。

 

最近話題のグルテンフリースタイル

グルテンとは、小麦や大麦、ライ麦、オート麦などの麦類に含まれているタンパク質の一種で、グルテンフリー食品とは、これらを使わないを使わない食品のことを指します。グルテンアレルギーの人はこのグルテンフリー食品に頼らざるを得ないわけですが、最近はグルテンアレルギーではない人の間でも広がってきています。そして、小麦粉の代わりに活躍をしているのがグルテンフリーの米粉というわけです。

 米粉の長所

米粉は小麦粉の60%しか油を吸わない、消化しやすく体にやさしい等の長所に加え、新しい米粉は小麦粉と同じように使える使いやすさが加わりました。これらの長所がグルテンフリーの流れに乗って知られるようになり、注目されています。

  1. 吸油率が低いので油の摂取が抑えられる
  2. 消化しやすく、タンパク質が優れている
  3. 小麦粉の代わりに使える

家庭に米粉が普及しないのは米粉の複雑さ

製粉技術も向上、研究開発も進められ、国を挙げての普及推進活動。それでも、まだまだ一般レベルでの馴染みは薄く、小麦粉や片栗粉と同様に米粉を常備している家庭は多くないのが現状です。良さが認められている、取り入れたいとは思う、なのにスムーズに浸透しないのはなぜでしょう?それにはいろいろな要因がありますが、大きな要因のひとつに米粉のわかりにくさがあると言われています。

小麦粉の場合、

  1. パンを作るなら強力粉
  2. うどんなら中力粉
  3. クッキーやケーキなら薄力粉

と、わかりやすいですが、米粉についてはとにかく複雑なのです。下記の表以外にも、グルテンやらを添加したパン専用の米粉もあります。

米の種類 米粉の種類 おもな用途
もち米 白玉粉 白玉団子
もち粉 大福・団子など
うるち米 上新粉 柏餅・団子など
新しい米粉 料理・パン・菓子・麺など

今、小麦粉と同じ感覚で揚げ物、ホワイトソース、パンケーキ(ホットケーキ)などに使えるといわれている米粉上新粉ではなく、表の一番下にある新しい米粉です。その特徴はというと粒子の細かさ。上新粉は小麦粉の3倍も大きい粒子ですが、新しい米粉はそれよりも微細粒に製粉されているのです。ところが、微細粒といっても小麦粉よりも小さいものもあれば大きいものもあって、統一がされていないのです。さらには、原料となる米の種類や製粉技術によっても性質が大きく違ってくる米粉は、同じ粒子サイズであったとしても同じようには使えなかったりするのです。そんなこともあって、統一表記が難しく、結果としてわかりにくい食材となっています。

それでも今後は小麦粉のように用途別に合わせて選べるように基準を設け、分類表記を進めていく方針だそうなので、今後の米粉の動きに注目しています。

小麦粉感覚で使いやすいケンベイの米粉

参考までにわたしが常備している米粉は、新潟県のケンベイという会社の製品です。この米粉の原料はもちろん新潟県産米。小麦粉と同じように扱いやすいこめ粉に仕上げられています。揚げ物はサックリ、カステラはしっとりしあがり、さらには価格も良心的。小麦粉の代わりに使える米粉をお探しの方は、ケンベイの通販部門いなんぼというかわいいショップのこちら をご覧ください。米粉だけでなく、便利な無洗米、あの古町糀店の甘酒や熟成糀という熟成された塩麹も買えるのでとっても便利です。

今でしたら母の日ギフトもありますし、新潟の小さな人気商品の浮き星もあったり。おいしくてヘルシーな新潟のかわいいギフトがそろってます。