【新潟の笹だんご】10個で1セット

f:id:shirokiji:20170404082016j:plain

ありきたりかな…。いつも同じでは…。県外へのお土産選びのたびに思うことです。が、結局はそんなありきたりな変わらない直球の定番みたいなもの選んでいます。新潟の定番土産のひとつ笹だんご

笹だんごをお土産に持って新幹線で出かける時は、当日にJR燕三条駅で購入します。有難いことに燕三条駅には6時には駅の売店に並ぶので、朝早い新幹線であっても買うことができるのです。笹だんごは、大きさ、パッケージ、数量、いろいろなスタイルのものがあります。その中からわたしが選ぶのは一番オーソドックスな10個ひとくくりの笹だんご。各地にも笹などで包まれたちまきや餅菓子はありますが、それらの多くは個別状態のものだと思います。ところが笹だんごについては、スゲ(もしくは、い草)で5個ずつひと縛りにされたものが2つワンセット(つまり10個)にされた状態が基本なのです。蒸したての笹だんごを冷ます時にも、持ち運ぶのにも便利なだんご。ひょいと片手で持ちあげて持っていくと、思った以上によろこばれます。

そうそう、笹だんごも三角ちまきもはどちらも常温の状態でたべるのが一般的です。蒸し直して熱々をふぅふぅしてたべることは、まずありません。