読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

花粉症に効くというアカモクはナガモのことでした!

f:id:shirokiji:20170316181632j:plain

            新潟県佐渡の生のナガモ(アカモク)。

自分でも不思議だと思うのですが、日が暮れてから花粉症の症状が悪化します。もしかしたら花粉症じゃないかな?と友人に話すと、花粉症には「あかもく」がいいんだって!と。「アカモク」???思いついたのはアカマツ(赤松)くらいでだったわたし。すると、別名「ナガモ」とも言うんだって。と補足。ナガモ?え?そうかアカモク=ナガモ」だったのですね!それならわかります!わかります!新潟県でも年明け頃から春頃まで生のナガモ(アカモク)を見かけることがよくあります。ただし、生のナガモは下処理に結構な手間がかかるので、そんなに積極的に買う食品でもないかもしれませんが、ここら辺では良く見かける食材です。詳しくは新潟県こちらで紹介してくれていました。

ここにもしっかりカッコ書きで「アカモク」と書いてありましたね。どちらかというと、わたしはお味噌汁よりも納豆や麺類と一緒に食べる方が好みかな。そういえば今年は一度も買っていなかったなぁとスーパーに行ってみたら、早速完売…。みんな花粉に苦しんでいるんですねぇ。というわけで写真は昨年のナガモ(アカモク)です。

それにしても日暮れどきから花粉症がひどくなるひとっているのかな?花粉症じゃないのかな?お風呂の中でくしゃみが止まらずなかなか苦戦中です。