読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春色の餅菓子

f:id:shirokiji:20170226154425j:plain

      うぐいす餅と花見団子。無造作に置いても絵になるかわいさ。

新潟に住むようになって和菓子屋とは別に餅屋(団子屋)というお店が多く存ることを知りました。餅屋はその名の通り餅を扱うお店で、餅はもちろん、大福や草餅をはじめおこわや赤飯をメインに作っています。

うぐいす餅と花見団子の次は、田植え前後の草餅と笹団子。稲の花が咲く頃には、稲花餅(いがもち)。新潟の餅菓子は稲作と一緒に移り変わっていくことにも気づきました。今では年中通して買うことができる新潟定番の笹団子も実は季節のお菓子で、5−6月がシーズンなのですよね。