新潟生活

NIIGATA-LIFE Since 2008

日々のこと

キジのケンケン 春とお散歩

近くの空き地で散歩中のケンケン。 時々「ケンケン!」と鳴いて存在をアピールします。

シンプルなお風呂掃除用のスポンジ

こんなお風呂掃除用のスポンジ。 買ってみました。

キジのケンケン ただいまごはん中

ごはん中のケンケン。 ド派手なまま無我夢中。

キジのケンケン 2019年も登場!

今年もこっそり散歩に現れるようになったキジのケンケン。 こっそりの時は、からだから顔色まで暗くしてごそごそしています。

バレンタインデーに思うこと

ラム酒をいれた大人のチョコレートシフォンケーキ。 せっかちに型から出したらあちこち傷だらけに・・・。 すんなり開き直って、ざくざく大ぶりに切ってお茶時間にしました。

【明治ミルクチョコレート】お菓子作りの定番板チョコ

定番の明治ミルクチョコレート。 んん? なんだか華やか?

水耕栽培のヒヤシンスの様子

おや?なんだかおかしなところから芽が。。 いつにも増して、ヒヤシンスの栽培に苦戦しています。

【堀川のはんぺん】新年早々に伊達巻を焼く

はんぺんと卵を買い揃え、片付けたばかりの鬼すを再び出して。 年明け早々、ふたたび伊達巻を焼く。

庭のハーブと福笑いの小包

今年の年始は積雪も殆どなく、庭のミントやハーブ類がこんなに元気。 このまま降らずに春が来るといいのになぁ。

氏神様へ初詣

生命力溢れる緑。 御神酒を頂いて。 今年も良き年でありますように。 2019年 元旦

小さな陶器のお重

思い出の詰まった陶器製のちいさな二段重。 松の柄入りの色絵丸紋、手にすると福々しく懐かしいキモチになります。

稲穂があしらわれた門松

いよいよ出番を迎えた父作の門松。 不思議なくらい気分がキリッと切り替わります。

上越高田とドイツと秋の吹き寄せ

長養館(上越市)の吹き寄せのような豪華なお弁当。 旬の食材が競い合うように寄り添うように盛り込まれていて、暫し時が停止。 そして、ゆっくりと味わう贅沢な贅沢のひとときでした。

レトロなふんわりマドレーヌ

レトロなグラシン紙のカップに焼き上げたなつかしいマドレーヌ。 それをさらに凱旋門のデザインの袋に入れて大満足。

秋の雲

昨日の夕方、西の空。 夏の空気と競っているようにもみえる秋の空。 今日、10月4日は「いわしの日」だと聞き、 お天気は下り坂のようですが、いわし雲が見たいと思いました。 青光りするカッコイイさんまが真っ盛りの今、 今日はあえて つぶらな瞳のいわしを…

完熟ゴーヤ兄弟

グリーンカーテンの中で気づかれないまま完熟していた2つのゴーヤ。 可愛くて目をつけてみたら、益々可愛くなって情がわいてきて困ってます。

お盆

昨日は朝にお墓参りへ。 かつては胡瓜や茄子のお供えを不思議に感じていたことを思い出しながら、 オミナエシや蓮の美しさにしっとりとお盆を感じました。

トマトづくしのランチ会

「ミディトマトのコンポート」。 やさしい甘さのシロップで贅沢感たっぷり。

うれしくなる夏野菜

濃く鮮やかな色、青苦い香り、ポンポンと響く音。 うれしくなる。 夏野菜。

朝顔のカーテン

朝顔もまた元気すぎて遮光カーテンのように茂っています。 ちなみにこれは濃い紫色の朝顔と真っ白な朝顔の2種の朝顔。

身欠きニシン(ソフトタイプ)の好きな食べ方

発泡箱の中で冷え冷えでわかりにくいですが、こちら身欠きニシンです。 身欠きニシンには干し具合によって2つのタイプがあって、

紅花の花の色

いただいた紅花を玄関に飾りました。 紅花の花は、咲きたての頃はやさしい黄色をしていますが、 時間が経つにつれて濃い橙色へと次第に情熱的な色へと変えていきます。 来る夏へと向かって咲く初夏の花らしいですね。 ひまわり畑もいいですが、一面の紅花畑…

【アイスの実〈濃いもも〉】濃いもも、ももが濃い

帰宅途中、あまりの暑さに購入した…アイスの実 濃いもも。 一粒ごとに「ももが濃い」とつぶやいてしまいます。 2層仕立ても相まって桃好きには危険なアイスです。

プラムの香りと季節

甘酸っぱさと甘い香りのプラム。 気がつけばさくらんぼに負けずに並んでいて、季節の早さにハッとしました。 プラムは真っ赤な実よりも青っぽさが混じったムラのあるものに惹かれます。 こんな風に盛っておくと、みるみる間に色づいて甘い香りが部屋いっぱい…

魚沼のルバーブの苗

ルバーブの苗を買ってきてもらいました。 茎がスイスチャードのように赤いので赤いルバーブみたいです。

冷え冷えブルーベリー大福

叔母が新商品だと言って持ってきてくれた大福。 それは冷え冷えのクールなブルーベリー大福でした。

新幹線ホームの売店のデザイン

新幹線ホームの売店の壁面。 側面ですが、これはもうファサード(正面)的な強さがあります。

楚々と名残のヤマボウシ

新潟県知事選挙の投票日。 投票所には名残のヤマボウシが清涼感を漂わせていました。 清らかな祈りを込めて一票。

薔薇の便り

「親指姫が出てきそう。」 それが、送っていただいたこの薔薇の花の第一印象。 重なった花弁がやわらかそうで本当にそう思ったのですが、どうですか?

【カルミア】ホイップクリームのような蕾の花

まるでホイップクリームを絞り出したような、まるで金平糖のような蕾。 パッと咲くと、花びらというより、まるでひとつのパラソルのような花。 これは、カルミアという花だと知りました。 名前からもかつてあった懐かしいタブレット状のミント菓子を思ったり…