新潟生活

Since 2008

新潟米菓

【田舎のおかき】好きすぎて何度買ったかわからない米菓

岩塚製菓の「田舎のおかき」の定番3種、まろやか醤油、塩、ざらめ。 何度買ったかわからないほど買ってますが、全く飽きる気配がありません。

【こしひかりでつくった黒豆せんべい】

岩塚製菓の「こしひかりでつくった黒豆せんべい」。 そんな違いのわかるタイプでもないのに買ってしまいました。

「瑞花」の意味と「越後菓子処 瑞花」

今朝起きたら窓の外が薄っすら白くなっていました。 南天の葉に降り積もった雪はまるで水菓子のような瑞々しさです。

【おばあちゃんのぽたぽた焼き】やさしい味わいのやさしい食感

祖母が大好きだった「おばあちゃんのぽたぽた焼き」。 1986年発売開始ということなので、30年以上も販売されているのですね。

【真昆布おかき】サクッとふっくら旨味の藻塩味

越後製菓のサクッとふっくら真昆布おかき。

【かちわりの種】たまり醤油の堅焼きおかきとピーナッツ

“香ばしいたまり醤油のきいた堅焼きの歯ごたえのあるおかき、 そこにピーナッツも入った柿の種のような米菓”

【新潟 元祖浪花屋の柿の種】辛口の元祖の味からこだわりの味まで

「柿ピー研究家」というかたがいらっしゃったなんて知りませんでした。 元NHKアナウンサーの中倉隆道さんとのことですが、相当な柿ピー好きなのですね。

米菓も採れたて新米パッケージ

新米の季節。 大好きな「もち麦とごませんべい」も新米パッケージになっていました! これがずらりと並んでいるとかなりの迫力です。

期間限定【ぱりんこ えだまめ味】スティック⁉︎

三幸製菓の期間限定えだまめ味のぱりんこ、なぜかスティックタイプなってます。こうなるともはや、限定ぱりんこではなく新商品では?なんて思ったり。パッケージの写真だけを見たら、えだまめ味のハッピーターンか味しらべ。

期間限定【サラダホープえだ豆味】

新潟の枝豆が並び始めたと思ったら、サラダホープのえだ豆味を発見! 定番のサラダホープのパッケージもこんな緑色なので、うっかり見過ごすところでしたが、期間限定の文字に気づかされました。

【新野屋の網代焼】明治生まれのえび粉入りの無添加米菓

そっと並んでいる明治生まれのロングラン商品、新野屋の網代焼。新野屋は1894(明治27)年創業の柏崎市を代表する米菓メーカーで、砂糖が貴重だった頃に「多くの人からおいしいと喜ばれ、求めやすく、日持ちするお菓子を」という思いを込めて作られたのが網…

新潟に帰省すると買う米菓ベスト3

新聞には各種交通機関や高速道路の混雑予想が掲載され、スーパーには帰省土産コーナーがすっかり整えられ、あちこちからゴールデンウィークのそわそわ感が伝わってきます。そして、兄からは帰省のスケジュールの連絡がありました。 新潟から離れて暮らす兄は…

【Befcoアンパンマンアソートおせんべい】こどもの日バージョン

アンパンマンの米菓といえば、栗山米菓 Befco。そう、米菓「ばかうけ」で有名な新潟県の米菓メーカーです。こちらには袋にアンパンマンのキャラクターがプリントされた米菓シリーズというのがあるのですが、そのうちの「アンパンマンアソートおせんべい」と…

堅焼き食感、岩塚製菓の「もち麦とごませんべい」

岩塚製菓・もち麦・黒ごま・金ごま・あっさりしお味・堅焼き食感・国産米100%。白を基調としたパッケージデザインからの情報だけでも好きな要素がてんこ盛りの新商品「もち麦とごませんべい」。そんなに強い堅焼きではなく、普通のごませんべいよりごまごま…

新潟県米菓工業協同組合の企業をみてみた

最近の叔父は三幸製菓の新潟仕込みに凝っているらしく、同じものを5袋も持ってお茶のみにきたそうです。うちでは岩塚製菓の米菓を選ぶことが多いので、三幸製菓のものはちょっと新鮮に思えます。新潟には本当にたくさんの米菓メーカーがありますが、全国展…