新潟生活

NIIGATA-LIFE Since 2008

【緑黄野菜の王様「ケール」】ソテーしてサラダに

パッと見、ワイルドなパセリのような地元三条市産のケール。 フリルレタルのようにビニール袋にいっぱい詰められて並んでいました。

レトロなふんわりマドレーヌ

レトロなグラシン紙のカップに焼き上げたなつかしいマドレーヌ。 それをさらに凱旋門のデザインの袋に入れて大満足。

【ワンス・アホな ・ タイム】once upon a time…から始まる心に響くお伽話

安東みきえさんの「ワンス・アホな・タイム」。 ほのぼのとした牧歌的なイラスト、二度見してしまうようなタイトル、 それらに魅かれて手にした人も多いのではないでしょうか。 世代性別を問わずその世界に入り込りこんでしまうおもしろい一冊です。

鷄つくねのトマト煮

鷄つくねの肉だねをトマトソースでグツグツ煮込んで… スペインのミートボールのトマト煮アルボンディガス風に。

新潟の米粉のおやき

「野沢菜おやき」という名前で売られていた新潟のおやき。 中の野沢菜の具は甘くて信州のおやきの具とほぼ変わらない感じですが、 生地は米粉でできていていて皮の食感は全く別物です。

はざかけ米のおむすび

魚沼で売っていた新米はざかけ米のおむすび。 ちいさめのおむすびが3種類、笹の葉で包まれて並ぶ姿の美しいこと。 「ください」と言うと、「たらこ、鮭、梅ね。」と言いながら 3枚の海苔を紙包みにして一緒にいれてくれました。 おにぎりは時間が経ってから…

新潟の食用菊「かきのもと」の季節

今にも咲きほころびそうな食用菊かきのもと。 この桃色帯びた紫色もまた新潟の秋の色のひとつです。

小布施の落雁

小布施で買ってきた栗落雁。 そのパッケージにも可愛らしさの中に凛とした雰囲気があります。

【小嶋屋総本店】へぎ蕎麦と上質な新潟の味

艶やかな新蕎麦のへぎ蕎麦。 県外からの知人友人をお連れする定番のお店のひとつ小嶋屋総本店さん。 新潟の風土を感じられる上質な味を純粋に味わえる貴重なお店です。

【ブラムリーのジャム】自然に煮溶けるりんごジャム

クッキングアップル「ブラムリー」のジャム。 こんなに綺麗なさわやかなイエローに仕上がりました!

【クッキングアップル「ブラムリー」】イギリス生まれの料理用りんご

信州で買ってきたクッキングアップル「ブラムリー」。 鮮やかなアップルグリーンのりんごは飾っておきたくなるかわいさです。 ところが、かじってみるとサクッとした歯ごたえの後に強い酸味!

信州のりんご

たわわに実ったりんごは、まるで餅花のよう。 信州はりんごでいっぱいでした。

秋の雲

昨日の夕方、西の空。 夏の空気と競っているようにもみえる秋の空。 今日、10月4日は「いわしの日」だと聞き、 お天気は下り坂のようですが、いわし雲が見たいと思いました。 青光りするカッコイイさんまが真っ盛りの今、 今日はあえて つぶらな瞳のいわしを…

【ひよこ豆のスパイシーロースト】お手軽 秋冬おつまみレシピ

水煮のひよこ豆をオーブンで焼いただけ、ひよこ豆のスパイシーロースト。 さくさく軽くてスパイシーな豆は秋冬のおつまみにぴったり!

【三条弁ロール】三条市の方言のデザイン

噂に聞いていた「三条弁ロール」。 三条弁が散りばめられたデザインの包装紙で包まれたトイレロールです。

【さつま揚げ「マフラー」】新潟にはない北海道の定番製品

スーパーの冷蔵コーナーに並んでいた「マフラー」と書かれた商品。 このパッケージのフォント、かなりの存在感を放っていました。

実りの秋の叔父の庭

今か今かと飛び出しそうな叔父の庭木の栗。 若い緑色が赤い茶色に染まり行くイガの色が芸術的な美しさ。

王国帽子店のアトリエとお茶会

「王国帽子店」は、店舗を持たないオーダーメイドの帽子屋さん。こちらのデザイナーであり職人であるモディストのAcoさんが、上質な天然素材を使用しひとつひとつひとりひとりに合わせてオートクチュールのように帽子をつくっています。

【いが餅】夏の餅菓子

いつ見ても懐かしく愛らしく、癒してくれるいが餅。 そんな いが餅もそろそろ見なくなる季節に近づいてきました。

【白桃とバニラのジャム】美味しく桃色に煮上げるコツ

白桃とバニラのジャム。 桃とバニラの香りが重なって、なんとなくピーチメルバを思い出すような、 そんなジャムに煮上がりました。

鳩サブレートートバックと豊島屋さん

お土産に頂いた豊島屋さんの鳩サブレートートバック。 うれしさと愛おしさのあまり毎日のようにながめています。

【十三湖のしじみ】冷凍しじみは格別のスープに

青森の方から冷凍で届いた十三湖のしじみ。 しじみは冷凍するとうま味が増す。ご存知でしたか?

収穫間近の稲と田んぼ

揃いも揃っておじぎする黄金色の稲穂。 そんな田んぼ道の間を散歩すると、なんだか謙遜の念が湧いてきます。

【伊部農園さんの枝豆「月灯り」】贅沢な美味しさ!

新潟県三条市にある伊部農園さんの枝豆「月灯り」。 この風情のある名前の晩生枝豆、いつにも増して贅沢な美味しさでした!

「京東都(きょうとうと)」の ミニがま口

大阪の友人が選んでくれたお揃いの京東都のミニがま口。 本当は笠地蔵がよかったそうですが、廃盤になっていたため桃太郎。

白根の果樹農家

桃の季節にお世話になっている果樹農家さんの入り口のプルーンの木。 今年は実が鈴なりに実っていました。

完熟ゴーヤ兄弟

グリーンカーテンの中で気づかれないまま完熟していた2つのゴーヤ。 可愛くて目をつけてみたら、益々可愛くなって情がわいてきて困ってます。

祖母の「なごやん」

ようやく祖母の大好きだったなごやんを見つけてお供えできました。 明日はお盆明け。 上手く鳴けない蝉の声と鈴虫のような虫の声が折り重なって聞こえます。 随分と日も短くなって山の端が染まるのが早まってきました。 夏の終わりを思い、秋のはじまり感じ…

南魚沼 野の花館の「猫ハガキ」

南魚沼市にある野の花館の猫ハガキ。 左が猫(おすわり)で右が猫(前進)。

お盆

昨日は朝にお墓参りへ。 かつては胡瓜や茄子のお供えを不思議に感じていたことを思い出しながら、 オミナエシや蓮の美しさにしっとりとお盆を感じました。