新潟生活

NIIGATA-LIFE Since 2008

青空の下、充電中。。

晴れた日には雪解けが進み、雪景色の中こんなオブジェ?が現れることも。 青空のもと、日光を浴びて神秘的なパワーを秘めていそうに見えませんか?

【工藤パンの抹茶シベリア】さわやかに登場!

『 抹茶シベリア がありました。』 と、教えて頂いて数日後、引き寄せられるように出会った抹茶シベリア。 ピスタチオグリーンを基調とするパッケージはとっても春らしくさわやか! (さわやかすぎて、うっかり危うく見逃してしまうほど。)

【読むパンダ】パンダ愛が止まらない。。

読んでいます「読むパンダ」。

【自家製の金柑ハチミツ】“風邪かな?”のときのおまじないシロップ

鉢植えの金柑の実が6粒、ぴかぴかの蜜柑色に色付きました。

自然の雪と氷の世界で見えるもの

新潟に暮らす前は、憧れだった札幌の雪と氷の祭典「さっぽろ雪まつり」。 それが今では、人口ではなく自然の雪と氷の世界が極身近にあります。 普段は厄介者の雪と氷ですが、時折 感謝したくなるくらいの美しい光景を目の当たりにすることもあって、そんなと…

【マカン・マラン】夜食カフェの香りとシナモンりんごジャム

すっかり悄気てしんなりした叔父のふじりんごをジャムにしました。

積もり積もった雪の変化と雪降ろし

ふんわりふっくら見えますが、実際はガリガリどっしりです。

【古町糀製造所の甘酒と玄米糀】おいしさと美肌が原点

狙われているかのように降り続く雪、積もり積もって1m30cm。 雪かきを続けていると汗はかいてきますが、手先足先は冷えひえ。。 ふと、温まりに行きたいなぁと思ったの新潟市にある糀屋さん。

【コメリのソフトスポンジ】キッチンに似合うキャンディーカラー

キッチン洗剤は、Froschの手肌にやさしいZakuro。 そして最近お気に入りのキッチンスポンジは、コメリのスポンジ。

【新潟の太巻き寿司】くるみが入ったお寿司は特別格別

買う予定も作る予定もなかった節分の恵方巻きですが、、、。

【雪えくぼ】春の予感?雪の晴れ間の美しさ!

連日の大雪に沈んでいたら、なんと今日は恵みの晴天!久々の太陽! そして、ちょっと散歩してみると、たんぼの一面に雪えくぼ!

【菊芋(キクイモ)のグリルサラダ】いろいろなレシピを試して気づいたおいしさ

昨年末頃からすっかり魅了されてしまった菊芋(キクイモ)。

【空気の研究】その場の空気を読むということ

今朝は雪の結晶が大きく見えました。 雪の日々はこころが繊細になるのでしょうか。 何だかいつもと違ったジャンルの深い本を読んでみたくなります。

【鶯宿梅と陶器の壺】贈り物に自分にずっと愛用の一品

ようやく我が家の白梅が満開になりました。 家紋、そして祖父の名前にもある梅、特別な思いを抱く大好きな花です。

【ku:nel(クウネル)】黒から赤、そして黄色へ

外は雪。久しぶりにクウネル(ku:nel)を読みました。

【イカサマ大根】そのまま食べてもおいしい切干大根

それは直売処で、まるでパッケージに呼ばれるかのように手にした「イカサマ大根」。

【真昆布おかき】サクッとふっくら旨味の藻塩味

越後製菓のサクッとふっくら真昆布おかき。

新潟ロケの映画【ミッドナイト・バス】

間も無く公開のミッドナイト・バス。

【新粉細工 チンコロ】米の粉で作る新潟の縁起物

小犬などをかたどった新粉(しんこ)細工の縁起物。

【かちわりの種】たまり醤油の堅焼きおかきとピーナッツ

“香ばしいたまり醤油のきいた堅焼きの歯ごたえのあるおかき、 そこにピーナッツも入った柿の種のような米菓”

【雉始雊(きじはじめてなく)】雪の中のキジたち

庭の片隅に足跡のようなあまり見かけない不思議なライン。 その先を目で追っていくと・・・

土井さんの【しらすの焼き飯】

しらすを買いました。

雪国のいちにち

マイナス8℃の朝。

どんどん積もる

これはもう、芸術!

雪の色と雪の粒

一夜にして雪国。 今年は雪がなくて快適だわー、なんて話していた矢先の降雪です。

季節のフレッシュフルーツいっぱいのあんみつ

ここ数年、新年にあんみつ屋さんに行くことが年間行事の一つになりつつあります。

縁起の良さ満点【福蔵最中】

従姉妹からの帰省土産、福餅入りの「福蔵」という縁起の良い名の最中(もなか)。

ムーミン谷の冬と越冬

小寒がすぎて、節分まで寒の内。

【ゆきっこあいす】どこか懐かしいセイヒョーのアイスキャンディー

姪っ子は葡萄味のパナップ、甥っ子はバニラ、そしてわたしに買ってきてくれたのは ゆきっこあいす。

【麒麟山のグリーンボトル】シフォンケーキを冷ますときの必需品

初釜ならぬ初オーブンはシフォンケーキ。